前へ
次へ

不動産に対して投資を行なうメリット

不動産投資のメリットとして、収入が安定化することがあげられます。
不動産を貸し付けるとき長期的に貸与することになります。
従って、貸し付けている期間の収入は着実に得られます。
株は大儲けも可能だと言えますが、その代り大きなリスクもあります。
不動産投資は不労所得ですからケガや疾病で動くことができない時でも収入を得られます。
安定感があるので、プランを立てて資産形成できます。
さらに、キャッシュを不動産に変化させることによって節税の役に立ちます。
その理由は相続税を算出するとき土地及び建物の価格を時価でなく、割り引いて算定するためです。
それに加えて不動産投資の収入より固定資産税といった必要経費が差し引かれるため所得税を抑えられます。
そして、不動産所得がありますと私的年金の役目を果たします。
さらに、生命保険の代わりとしても重宝します。
ローンによって買い求めた場合は団体信用生命保険に入ることになります。

Page Top