前へ
次へ

新たなサービスで応える不動産会社

2015年から相続税が改正され、相続関連の相談が不動産会社でも増えているようです。
対応するために、研修に参加する新人もいます。
ひと昔前は有り余る土地でしたが、今は小規模宅地でも相続問題が発生しています。
二世帯住宅の場合、全体が被相続人の住まい宅地であれば、小規模宅地の特例適用が受けられます。
区分所有登記など、いささか難しい専門用語も飛び交うため、分かり易い内容に置き換えて説明してくれます。
相続・遺贈によって取得した住宅の評価や減額、そうした難問となる知りたいことを教えてくれます。
難題も解決するのが不動産会社で、例えば、建ぺい率の問題で売却できないケースも意外に多いようです。
敷地に対して建物の占める割合で、建ぺい率オーバーであったり、建物の正確な大きさも分からず、こうした問題も土地家屋調査士をはじめ、大工・売主とともに解決してくれます。
法令違反で売却ができない、こうした建ぺい率オーバーの物件も、銀行の融資を受けるなどの適切な支援を行ってくれます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top